第35回大分国際車いすマラソン大会
2015年11月9日  タグ:

11月8日(日)、大分市内にて35回目となる国際車いすマラソン大会が開催され、国内外から約300名弱の選手がフルマラソン・ハーフマラソンに挑戦した。当社からも6名に選手が(フル1名・ハーフ5名)出場し、ハーフの部で渡辺選手が3位、河室選手が7位に入った。沿道や競技場などではHonda関係者や多くの市民が応援をおくった。男子フルマラソンの優勝はマルセル選手、また、当社が開発したHondaレーサーに乗っている南アフリカのエレンスト選手はハンドリムの不具合で十分な結果が残せなかったが、山本選手が2位に入り来年のリオデジャネイロの出場を決めた。

天候:晴れ

(写真は当社出場選手と関係者)


PAGE TOP