年頭所感
2021年1月6日  タグ:

新年あけましておめでとうございます。ご家族やご友人と穏やかな新年を迎えられたことと思います。
昨年は本当に大変な一年でした。年末の流行語大賞で「3密」が選出されたように新型コロナウイルスという想像もできない疫病の発生・拡大により、生活様式がグローバルで一変した大変動の年でした。そして今年もコロナ禍での生活を余儀なくされることになります。ご自身やご家族のためにも、まずは感染防止行動を緩みなく徹底し、健康に働けるようにお互いに努めていきましょう。

さて、新年早々ですが、ホンダ太陽およびホンダR&D太陽の事業について、私が抱いている危機感を共有するとともに、皆さんへのお願いをお話ししたいと思います。 ホンダ太陽の主要事業である部品製造が年々縮小していることは皆さんもご存知だと思います。少子高齢化社会による人口減少が進み、国内での四輪販売が縮小しています。ここにコロナ禍が加わり、販売が落ち込んでいます。結果として部品製造量が減っているのが実情です。そのような変化を踏まえ、ホンダ太陽ではデータビジネス領域、ホンダR&D太陽では研究開発ビジネス領域での仕事量拡大に取り組み始めており、製造とデータ・研究開発での2本足でしっかりとした事業基盤を確立できるように進めています。その活動は現在進行形であり、しかしながら皆さんの努力により、着実に成果に結びついてきています。この間の取り組みに対してお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
一方で、経営環境の悪化は想像以上のものがあります。名だたる大企業が赤字決算を計上し、人員の大規模な削減や賞与支給ゼロ、給与カットなどを行っています。また中小企業では飲食業や旅行業を中心に倒産が相次いでいます。
世間ではリーマンショック以上の経済悪化だとささやかれ、政府もGO TO事業など過去類を見ない政策を展開せざるを得ないほど危機的な状況にあります。今後、国内消費の長期減退は明らかであり、それに備えた事業強化のアクセルを全開にしていかなければならないと強く危機感を持っています。事実、ホンダ太陽の今期2020年度収益は赤字の見通しであり、もう対岸の火事ではないと受け止めています。

以上のことを踏まえて、皆さんにお願いがあります。特にライン長の方へのお願いです。
先ず、データビジネス・研究開発ビジネスにおいては今後も仕事量を増やす取り組みを順次進めていきます。その準備として、増えるであろう仕事に対して、従来通りのやり方でよいのだ、ということでは通用しません。新規業務が入ってくる中で、現行の仕事のやり方を見直し、品質を守りながら工数の余力を捻出する必要があります。作業の見直し、高効率化がマストとなってきます。
また昨年は残念ながらデータビジネス部で品質不良が多発しました。これは企業の信頼を著しく損ない、結果として仕事が減り、私たちの収益に影響しかねない大問題であるということを今一度、心の中心にとどめ置きいただきたい。高品質化と高効率化を絶えず意識して仕事に取り組んでいただくことをお願いします。 次に製造領域です。我々にとって製造領域はコア事業であることに変わりありません。仕事量は減るものの、収益の軸は製造にあります。そのため、中長期的視点で仕事量を増やせるようにホンダの関係部署と連携した取り組みを開始しました。近い将来、新たな仕事を導入するにあたり、ホンダ太陽の生産品質や製造コストが良いか悪いかを取引先から厳しくチェックされることになります。ですから、まずは品質とコスト。ここにこだわって日ごろの業務を推進いただくように強くお願いします。 もちろん会社としても企業体質を強化するために、具体的な施策を打てるよう検討をしていきます。全員が力を合わせて、この難局を乗り切り、事業強化に取り組んでいきたいと考えています。

年頭から厳しいお話しをさせていただきました。
誰がコロナウイルスを予知できたでしょうか?この先、何が起きるか分かりません。その分からない未来に備えてしっかりと準備すること。つまり企業体質を強化することで備える。それは高品質化であり、高効率化であることを申し上げたわけです。この2つの言葉に今まで以上にこだわって、今年一年、各自のお仕事の改善に取り組んでいただくようお願いします。
そして来年のこの場で、「今年はさまざまな改善を行い、仕事もやりやすくなった。成長を感じられる」とうれしく振り返ることができるよう希望して、年頭のご挨拶とさせていただきます。一緒に取り組んでいきましょう。よろしくお願いします。

(ホンダ太陽/ホンダR&D太陽 代表取締役社長 鎌田 雅仁)


PAGE TOP